借りられる着物の種類とは?着物レンタルの入門書

和服

レンタルできるのは着物だけじゃない

着物レンタルを行っている店舗では、浴衣もレンタルしていることが多いため、夏祭りに合わせて浴衣を借りることができます。レンタルなら祭りごとに違う浴衣を着られるので、新鮮な気持ちで祭りを楽しめるでしょう。

和装専門店もある

浴衣や着物をレンタルするのではなく、購入したいということであれば和装専門店を利用するといいでしょう。和装専門店は着物や浴衣はもちろん、半纏やよさこい衣装なども取り揃えています。祭りに向けて気合を入れたい、みんなでおそろいの衣装を着たい、と思う人は一度覗いてみるといいですね。

県外でのレンタルに対応してくれる場合もある

店舗によっては、県外で着用する場合でも往復の送料を負担すれば発送してくれることもあります。福岡の店舗の着物を福岡県外で着用したいという希望があれば、その旨を店舗に相談してみるといいでしょう。

着物レンタル店で借りられる着物の種類

振袖

未婚女性の礼装にあたる振袖は、成人式や結婚式への参列時に利用されます。長い袖と、一枚の絵のようになっている絵羽模様が特徴的で、小振袖、中振袖、大振袖の3種類があります。

黒留袖

既婚女性の第一礼装にあたります。黒い生地に五つ紋が付いているのが特徴です。振袖と違い、腰から下の位置に絵羽模様があります。結婚式の参列時に着用する人が多くなっています。

色留袖

黒以外で染められた留袖を色留袖と言い、三つ紋や一つ紋となっていることもあります。もともとは既婚女性の正装として着られていましたが、近年は未婚女性が着ることも増えています。

訪問着

未婚・既婚関係なく着られる女性用の正装です。帯の上下に絵羽模様があり、結婚式だけでなく、パーティーや茶事に着ていくことができます。結婚式で着用する場合、親族以外の出席時に限るので注意しましょう。

着付けに必要なものを把握しておこう

着物を着付けする時には、いろいろな小物が必要です。着物レンタルの際に一緒に借りられる場合もありますが、自分で用意しないといけない場合もあるので、どんなものが必要なのか見ておきましょう。

着物の着付けに必要なもの

  • 肌襦袢
  • 裾除け
  • 長襦袢
  • 着物
  • バッグ
  • 足袋
  • 草履

広告募集中