Apartment for sale or rent

駐車場のメリット

資産を運用する時に駐車場工事を利用する人がたくさんいます。電車の駅に近い場所であれば、一定以上の集客を望むことができますので利用価値のある土地を持っている人は上手に活用しましょう。

詳しくはこちら

駐車場工事の注意点

新たに駐車場を作る駐車場経営を行なう時は、エリアの特徴をしっかりと考えながら行わなければいけません。観光客が多いからと海のすぐ近くに作ってしまうと車を汚してしまうので利用する人を見込むことができないでしょう。

詳しくはこちら

不動産に投資

近年は景気が上向きになっているので不動産投資などをする人が増えています。不動産投資を行なう時は、賃貸収入を見込めるので高い人気があるのですが、管理を専門の業者に依頼することで安心して管理することができるでしょう。

詳しくはこちら

駐車場を考える

公共交通機関がしっかりと整備されている都市部とは異なり、一般的に自動車を所有しなければ移動が不便になってしまいます。そのため、より良い環境で車を駐車するためにコンクリート工事などを依頼しなければいけません。

詳しくはこちら

利用時の注意点

リロケーション物件は、基本的に安い賃料で借りることができるとして人気が高い物件です。ただし、契約の更新は基本的にできませんので気をつけなければいけません。契約が満了したら出ていかなければいけませんので注意しましょう。

詳しくはこちら

アパートの投資

不動産関連は、勉強するのが結果的に利益を生み出します。マンション管理会社のランキングはここを見て確かめてみましょう。

どれだけ安くても立地が悪ければ投資する意味がありません

アパート投資を検討する個人投資家が増えています。アパート投資をはじめとする不動産投資では、その物件から生み出される賃料を借入金の返済原資にできることや、金融機関からの借入金を活用することでレバレッジをかけることができることから、資産運用商品として根強い人気があります。 しかし、アパート投資は「入居者がいて、賃料収入があるということ」が大前提となります。もし、空室が多く発生してしまえば、借入金を返済できなくなり、最終的には競売にかけられるというリスクがあることも十分に理解しておかなければなりません。 したがって、アパート投資を行う場合には、まず賃貸需要の高いエリアの物件に投資することが大切になります。

老朽化した後の対応を考えることも必要です

よく、「競合物件が少ないから地方都市のほうがアパート経営は儲かる」という人がいますが、はたして本当なのでしょうか。 確かに地方都市のほうが競合物件は少ないかもしれませんが、そもそも「賃貸需要がないから競合物件が存在しない」可能性だってあるのです。競合物件が少ないからといって、アパート需要の少ないエリアに安易に投資してはなりません。 また、投資した時点では新しいアパートであったとしても、時の経過に伴って老朽化することは避けられません。したがって、老朽化した後にその物件をどうするのかについても投資を行う前から考えておく必要があります。例えば、東京都心エリアであれば老朽化したアパートを解体して、戸建用地としてデベロッパーに売却するという方法もあります。

オススメリンク