利用時の注意点

リロケーション物件のここに気をつけろ

リロケーション物件は、家のオーナーが転勤などで一時的に家を明ける間借りることが出来る物件です。通常の賃貸に比べて安い賃料で借りることが出来ます。ただし、気をつけなければいけないのは、契約の更新が出来ないことです。通常の賃貸契約では、契約の更新は借主が望むのであれば、正当な理由がない限り行われるのです。しかしリロケーションでは契約期間があらかじめ決められた定期借家契約が交わされることになるのです。この定期借家契約では、契約期間が満期を迎えたら、借主がいくら住み続けたくても認められないのです。リロケーション物件の賃料が安くても、短ければ2、3年で出ていくことになれば、引越し費用などのコストで浮いた賃料は相殺されるのです。

定期借家契約を上手く活用するための豆知識

リロケーションは定期借家契約に基づき、一定期間のみ借りることが出来ることです。契約期間が満期を迎えれば、更新は出来ないことがネックです。賃料が安い分普通の賃貸契約よりも、借主に不利な点が多いです。ですが、どのような権利を行使できるか知っていれば、万が一のときに対応が可能です。例えば中途解約についてです。リロケーションではその契約期間中、絶対に住まなければいと勘違いしがちです。でも借主だって、いついかなることが起こるかわからないのです。もちろん原則としては、中途解約は出来ないのです。しかし、借主が転勤したり家族の介護のために実家に戻る正当な理由があれば、1か月前に解約の意志を伝えることで、中途解約が認められるのです。注意点としては中途解約を申し込むためには、リロケーション物件の広さが200平米未満であることです。