駐車場のメリット

駐車場としての活用時の工事について

公共交通機関の一つである地下鉄、電車の駅の周辺については、必ず駐車場があります。これは自然の考えからでありまして、当然集客が一番見込める場所に駐車場を工事により作ることは、当然のことであります。やはり、資産の運用にとっては、利用価値がある土地は活用しなくてはなりません。最初から収入が見込めない場所に駐車場など工事をしてまで作る必要性が見出せません。工事を施工するということは、費用も掛かります。善意で駐車場の工事を施工してくれる業者などどこにもいませんので。駅周辺に土地を所有されている方は、当然今の時点でも駐車場として賃貸により経営者として運営されていることだと思いますが、活用資産があるのなら、第2・3と拡大されてもよいかと思います。

維持管理の手法について

基本駐車場の維持管理については、あまり必要ありません。一度工事してしまいますと、よほどアスファルトが傷まない限り修理する必要もありませんので。しいて言えば、白線の引き直しぐらいであります。入車庫の管理を機械化してしまうか、人による管理をしてしまうかによって、人件費が必要な場合もありますが、近年は自動改札機の導入が当たり前でありまして、導入時は費用がかさみますが、長い経営を考えれば十分採算は取れるものであると考えます。掃除などについては、第三者などに依頼するのもよいですが、できるものなら自分でしてしまいましょう。良い運動ともなりますし、常に駐車場の管理もできるので一石二鳥と言えるものであると思います。